抵当権抹消登記⑧ 自分でやってみたよ!【体験記】

Pocket

登記申請書を書いて、添付書類を全部用意できたら、あとは法務局で提出するだけです。

わたしは法務局の窓口に提出に行きましたが、郵送での提出も可能のようです。

 

 

窓口は1か所、担当の方は女性の方でした。

登記簿謄本を取ったりする窓口は混んでいましたが、それとは別の窓口でした。

 

行ったときは2名ほど並んでましたが、わたしが提出した後は誰も待っていませんでした。

なので、タイミングによっても混雑具合は違うのかなーって感じでした。

 

銀行の窓口の混雑具合と比べてみると、空いているなーっていう印象です。

1人あたりに掛かる時間も長くないので、所要時間は待ち時間も含めて10~15分くらいかなって思います。

 

 

 

「抵当権抹消の登記なのですがー、・・・」と話すと、書類をチェックしながら受け付けてもらえました。

たぶん忙しかったのだと思うのですが、ちょっと事務的な感じです。

全部の書類に目を通していただけたので、もしも不備があったりしたら指摘してもらえると思います。

 

提出したときに「登記申請書」には受付番号のシールを貼って、この後の流れが書いた案内文書の用紙をいただきました。

 

 

 

ここから先は法務局での仕事になって、「登記申請書」に基づいて処理されるのだと思います。

登記申請書に連絡先を書いておいたのは、ここで問い合わせがあったりする場合もあるみたいでした。

 

登記はすぐに完了するのかなって思っていたのですが、不動産の権利に関する内容になるので、やっぱり慎重に処理されていくみたいなんですね。

で、登記完了には数日掛かるんだそうで、登記完了の予定日をメモしてもらえました。

日数は法務局の混み具合とか時期によっても違ってくるみたいですが、早くても2~3日は必要みたいです。

 

 

 

登記完了予定日までに何も連絡がなければ、登記完了したと考えて良いみたいです。

ただ、これは「たぶん終わったんだろうなー」って程度でよく分からないので、法務局へ電話で問い合わせをすれば教えていただけるみたいです。

わたしも何の連絡もなくその日が過ぎました。

 

 

 

登記完了したらもう一度法務局へ行って、今度は「登記完了証」を受け取ります。

「抵当権抹消登記がちゃんと完了しましたよー」っていう案内みたいな文書なので、失くしても良いですがいちおう保管しましょう!

わたしは返却書類がなかったので登記完了証をもらっただけですが、「登記済証」などを提出した場合はここで返してもらえるのだと思います。

 

受け取りの予約は不要ですが、心配な方は登記が終わっているかどうかの確認の問い合わせをした方が確実ですね。

登記申請書に押した印鑑と、身分証明書(運転免許証)が必要なので、忘れないで持っていきましょう。

 

受け取りに行く期限は、特に何も書いていなかったように思います。

ただ、あんまり遅いと、もしかしたら電話連絡等があるかもしれないですね。