4月1日生まれだと、どうして1学年前になるの?

- Category - Uncategorized
Pocket

子どものころからずーっと疑問に思っていることがあって、

どうして4月1日生まれの子は、前の学年になるの?? って、すっごく疑問に思ってました。

 

学校の年度は4月1日から始まって翌年の3月31日で終わるのに、

誕生日は4月2日~翌年の4月1日で区切りになるなんて、なんだか不思議な感じがしますよね。

 

4月1日生まれだと前の学年になる理由を調べてみました。

 

 

 

まず、年齢が1つ増えるのはいつなのか?? っていうと、わたしはずーっと誕生日に1つ歳を取る って思ってました。

おそらく、そう思っている方が多いんじゃないかなーって思います。

 

でも、実は日本では 誕生日の前日に1つ歳を取る!! のが正解なんだそうです。

 

これは、「年齢計算ニ関スル法律」 という法律によって決められています。

法律名がカタカナ交じりで表記されるのは、この法律は明治35年に施行された古い法律だからです。

日本の法律なので、外国ではまた違った基準があるのかもしれないですね。

 

というわけで、4月1日生まれの人は、法律上は前日の3月31日に歳を取ることになります。

うるう年の2月29日生まれの人は4年に1回しか歳を取らない、なんてことはなくて、

法律上は前日の2月28日に歳を取ることになっています。

法律はちゃんと上手く出来ているんですね!

 

誕生日ぴったりに歳を取るわけではなくて、1日前に1歳年齢が増えているんですね!

 

 

 

ここまで来ると、鋭い方だったらだいたい分かるかと思うのですが、

次に、小学校へ通う年齢はいつからか? というと、これは「学校教育法」という法律で決まっています。

 

学校教育法第17条で、

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」

となっています。

 

学年の初め=4月1日 学年の終わり=3月31日 ですよね。

なので、「満6歳になった翌日以降の最初の4月1日」から小学校へ入学することになります。

 

 

 

たとえば、平成24年4月1日生まれの子は、満6歳になる日は平成30年3月31日。

小学校入学は、平成30年4月1日。(満6歳になった翌日以降の最初の4月1日)です。

 

平成24年4月2日生まれの子は、満6歳になる日は平成30年4月1日。

小学校入学は、同様に考えていって、平成31年4月1日。

 

ということで、4月1日生まれ と 4月2日生まれ が、学年の境目となるんですね!

 

 

 

この「前日に歳を取る」っていうのはいろいろな場面で登場してきて、

例えば年金の受給権とかも、通常は生まれた月からとなるのが、1日生まれの人は前の月になったりします。

 

1日生まれの人は、今後もちょっとした注意が必要になるかもしれませんねー!