「脳梗塞」と「脳卒中」の違い

Pocket

まず、脳梗塞とはどのような病気なのでしょうか?

 

脳もほかの体の器官と同じように、酸素や栄養がないと機能しません。

この酸素や栄養は血液に乗せて送られています。この血管のことを動脈って言いますね。

 

この動脈が何らかの原因で狭くなったり詰まったりすると、脳に血液が流れなくなって脳細胞が死んでしまいます。

軽度の脳梗塞だと、頭痛やめまい、目が見えづらくなったり、体に力が入らない、だるい、しびれる、言葉が上手く話せない などの症状が出ますが、ちょっと動脈が狭くなっただけでは、自覚症状がなくて気が付かない場合もあったりもします。

重度の脳梗塞では、言語障害とか半身不随の後遺症が残ることもありますし、命の危険もあるとても怖い病気です。

 

脳梗塞は、脳への動脈が詰まったりすることで、酸素や栄養が脳へ行き渡らなくなって、脳細胞が壊死してしまう(死んでしまう)状態のことを言います。

 

 

では、脳卒中はと言うと・・・?

 

脳卒中は、脳で血管が詰まったり、切れて出血したりして、脳で起きた症状や現象全般のことを言います。

昔は「脳卒中」という言い方が多かったですが、最近は「脳血管障害」という良い方が増えてきていますね。

 

脳で血管が詰まったり切れたり破れたり、原因はさまざまあっても、とにかく脳で起きた病気は「脳卒中」。

なので、「脳梗塞」も「脳卒中」だし、「脳出血」も「脳卒中」だし、「くも膜下出血」も「脳卒中」です。

脳卒中の意味は、かなり広い意味として使われているんですね。

 

同じ脳で起きた病気とは言っても、詰まるのと切れるのでは発生の仕方が違うので、医学的には別ものです。

脳卒中は正式な病名として使われる言葉ではなくて、死因の統計などで「脳で何かが起きた病気」として、ひとくくりに扱いたいときに使われる言葉だと思います。

 

 

ちなみに、「脳出血」と「くも膜下出血」は、どこで出血したかが異なります。

 

脳出血は、脳の中で血管が切れて出血して、まわりの脳細胞を壊してしまう病気。

くも膜下出血は、脳の表面の血管にできた脳動脈瘤というこぶが破れて出血してしまう病気。出血した血液は脳の表面のくも膜下に溢れてきて、脳を外側から圧迫してしまいます。

 

どちらも脳の細胞が壊死してしまうので、症状としては脳梗塞とよく似た症状があります。

 

 

脳卒中の治療は、1分1秒を争います。一刻も早く治療することが大切です。

「おかしいな?もしかしたら脳卒中かな??」って思ったときは、ためらわずにすぐに救急車を呼ぶようにしてください!