運転免許証の住所変更に必要なものはこれ!手続きはいつまでに?

Pocket

引越しや自宅を新築したりして住所が変わると、前に住んでいた市町村に転出届、新しく住む市町村には転入届を提出しますね。

同じ市町村内での住所変更だったら、市役所に転居届を提出します。

これで住所変更は完了~!!

 

って、ちょっと待ってください! まだ何かお忘れではないですか??

住所変更をしたときに、意外と忘れがちな手続きがあるんです!

 

それは、・・・運転免許証の住所変更の手続き。

 

転入届・転居届を出しても自動的に変更の処理はされないため、自分で手続きに行かない限り、ずーっと旧住所地のままになってます。

運転免許証は身分証明書としてもよく利用されていますが、住所変更していない免許証は証明書としても使えないですね。

とても不便になってしまいます。

 

なので、できるだけ早めに変更手続きを済ませてしまいましょうー!!

 

 

 

運転免許証の住所変更はどこでやるの??

 

運転免許証の住所変更手続きは、警察署で行います。

基本的には新住所地の管轄の警察署が届出の窓口となりますが、都道府県によっては、管轄以外の警察署や運転免許試験場での手続きもできるようです。

 

「警察署?何か緊張するなー」って思われるかもしれませんが、警察官の方はすごく親切なので緊張は不要!

担当の係の方によっては、多少事務的な扱いをされることはあっても、高圧的な雰囲気とかは全然ありません。

ほかにもいろんな手続きで来られている方がいるので、考え過ぎずに気軽な気持ちで行って良いと思います。

 

 

 

必要なものは?何を持っていけば良い??

 

まず、運転免許証は必ず持っていきましょう。

住所変更が終わっても新しい免許証が発行されるわけではなくて、裏面に新住所が記載されて警察署の印が押されます。

免許証は表面の有効期限まで使い続けることができます。

 

それから、認印で良いので、印鑑は持っていってください。

警察署に「運転免許証記載事項変更届」という用紙があるので、窓口で「住所変更の手続きに来ました」と言えば出してもらえます。

この用紙に必要事項を記入・押印して提出します。

 

あとは、新住所が確認(証明)できる書類が必要です。

一番確実なのは「住民票」ですね。市役所へ転入届を出しに行ったときに1通もらっておくと良いかもしれません。

同一世帯の人が2人以上で同時に手続きするときには、住民票は1通で良いことになっています。

ただし、マイナンバー(個人番号)が記載されていると受付ができないケースもあるみたいなので、マイナンバーの記載がない住民票を用意しましょう!

 

住民票が用意できないケースなどでは、新住所宛てに届いた郵便物でも代用ができます。

できるだけ役所などの公的機関から届いた郵便物か、電気・ガス・電話などの公共性の高い郵便物が良いと思います。

・・・なのですが、これは郵便の宛名になっている方しか証明ができないんですね。

同居していることを証明しようとすると、結局住民票が必要ということなってしまいます。

 

住所変更の手数料は無料です。

運転免許証 印鑑 住民票(または郵便物)を持って警察署へ行きましょう~!!

 

 

最後に、手続きはいつまでにすれば良いのかと言うと、実は「○○日以内」といった具体的な表記はありません。

道路交通法第94条は「記載事項に変更を生じたときは、すみやかに住所地の公安委員会に届け出しなければならない」という内容になっていますが、言葉の定義の問題なので人によって感覚が違ってきそうですよね。

一般的には、転入届が14日以内であることからすると、2週間以内くらいだったら「すみやかに」届け出たことになると思います。

滋賀県警察のホームページには、「住民票(6ヶ月以内に発行されたもの)」と書いてあるので、半年くらいだったら良いのかもしれませんね。

滋賀県警察の広場(記載事項変更手続)

 

 

変更手続きは半年くらい経ってからでも全然問題なさそうです。

住所変更していないと、免許が失効してしまう! なんてこともありません。

ですが、住所が正しくないから、身分証明書として使えないー! というのが一番不便なんじゃないかなーって思います。

 

 

住所が変わったら運転免許証の手続きも忘れずに!! お願いします。