抵当権抹消登記① 自分でやってみたよ!【体験記】

Pocket

先日、住宅ローンの繰り上げ返済をしてきました。

ローン残高があるうちは「あと○○円もあるー!早く返さなきゃ!!」と焦りに近い感覚があって、余裕ができたらなるべく早めに返そうって思いながら、少しずつですがコツコツ貯めてきました。

住宅ローンを借りたのは平成18年のことです。当時は住宅ローンの優遇税制もあって、所得税が10年間減税されるという制度もあったのですが、その効果ももう終了してる。低金利とは言え、利息も掛かってくるのももったいないなー!・・・そう考えてるうちに、全額の繰り上げ返済を決意しました。

 

直前の頃の毎月の返済額は約8万円だったので、この返済がなくなるという金銭的な余裕はもちろん嬉しい! なのですが、これで借金がなくなるっていう安堵感の方が大きかったと思います。借りてることのプレッシャーは、やっぱりかなり重荷だったんだなーって今は思ってます。

 

返済日当日は、突然行っても手続きが戸惑うかもって考えて、あらかじめ予定を相談した上で支店を訪問。支店長さんにも対応していただいて、奥の応接室へ通してもらって手続きをしました。

出金伝票とか書類を記入して待っていたら、思ったより早く手続きが完了しました。やっぱり事前に伝えておいたことで、可能な限りの用意をしていてくれていたんだなーって感謝してます。

 

その場で受け取った書類は「領収証」だけでした。ほかの書類は本部で保管しているので、用意するのに数日掛かるんだそうです。

支店長さんには「ローンの契約書一式と、抵当権を抹消するための書類も同封します。1週間くらいで届くと思います。司法書士さんはどうしますか?良かったらご紹介もできますよ。」と言われて、

「あーそうだったなーー 抵当権を外す手続きもあったなー」って思い出しました。・・・

 

 

すみません、前置きがずいぶん長くなってしまったのですが、それだったら自分でやってみようかなーって考えたのがきっかけです。

どんな感じなんだろうーっていう好奇心みたいなのもあったし、司法書士の報酬分も浮くし、やってみて出来なかったら頼めば良いしー。

それより、新しいことに取り掛かるのって、なんかウキウキして楽しい! 笑

 

というわけで、自分で抵当権抹消登記をやってきた体験記です。

結果はと言うと、「・・・で、やっぱりダメだったので司法書士に依頼しました。」っていうオチだったらそもそも書こうと思わないので、無事登記は完了しています。

 

わたしは法律の専門家でもないし、司法書士でもないですし、本っ当ーにズブの素人なのですが、こんなわたしにもできたことなので、みなさんだったらきっと難なく完了させられると思います!!

と言うよりは、終わってみたら案外あっけなかったなーっていうくらいの簡単な手続きになると思います。

 

わたしが素人なりに実践・まとめた情報なので、「ん?これは違うんじゃないかなー?」とか、「正確にはこうしないとダメだよ!」っていう点があったらごめんなさい。

「これが正しい登記のやり方だよー」っていう内容ではなくて、「こういうやり方でやってみたら、素人でもできたよ!」という感じの、ゆるーい内容だってことでご承知おきください。

 

正確な内容を知りたいって方は、司法書士や専門家の方にご相談されることを、わたしもおすすめします。笑

 

 

 

調べてみたこと まとめ

  • 登記申請は、基本的には「自分でやる」ってことが大原則らしい。依頼するんだったら司法書士になります。行政書士etc.では依頼を受けることができません。
  • 司法書士の報酬は、それぞれの司法書士が自由に設定できるみたいです。抵当権抹消登記だと、5,000円くらい~数万円くらいと、けっこうばらつきあり。
  • 素人のわたしがやってもできたくらいの難易度ですので、ぜひご自分でやってみることをおすすめしたいです!必要なものはA4コピー用紙が数枚とホッチキスくらいです。